Top >  フコイダンのがんへの効果 >  1 フコイダンに抗腫瘍活性

スポンサードリンク

1 フコイダンに抗腫瘍活性

1 フコイダンに抗腫瘍活性  2006年8月 タカラバイオ研究所

タカラバイオ研究所の発表によって、ガゴメコンブを原料にするフコイダンに、より強い抗腫瘍活性が認められると2006年8月発表された。


タカラでは、マウスに経口投与する実験により、ガゴメコンブによるフコイダンが、オキナワモズクやメカブのフコイダンよりも強力に抗活性が認められることを発見した。

この研究結果の発表は、9月28日より横浜で開催される第65回日本がん学会学術総会において発表される見通し。

2005年において、日本人はがん、つまり悪性を原因とする死因で命を失っている。
日本社会のと食生活の欧米化によって、生活習慣病は多発の傾向にあり、増加している。

日本人のがんの発生場所は、胃がん、がんなど系によるものが多く、食生活の見直しが叫ばれている昨今である。

フコイダンは、褐藻類をにするであるが、タカラでは1984年頃より、フコイダンの化学構造と、の両面から研究を行っており、

ガゴメコンブからしたフコイダンに最低三種類のフコイダンが存在する事を、1998年9月30日、2000年3月14日に世界で初めて明らかにし、その研究報告を発表している。
 

 <  前の記事 フコイダンを新分野事業に  |  トップページ  |  次の記事 2 フコイダンに抗腫瘍活性   > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴