Top >  フコイダンのがんへの効果 >  1 フコイダン、能登の研究 

スポンサードリンク

1 フコイダン、能登の研究 

1 フコイダン、能登の研究  '06/07/31 (富山新聞より)
 
能登の海藻「アカモク」でがん抑制 健康食品化へ養殖に挑む

石川県水産総合センター(能登町)は、海藻「」の養殖技術開発に乗り出したが、その目的はがんの抑制効果があるとされる成分「フコイダン」を「」が多く含有することがわかったからだ。

は収穫期が限られているのが難点で、収穫を通年できるように、養殖で供給システムを整える体制を作り、フコイダンを効率的にし、将来的には能登発の新たな健康食品として確立を目指している。

フコイダンが世界的に関心を呼び、注目されることも反映してを含む海藻の養殖は全国で進んでいるが、技術はほとんど確立に至っていない。

石川県水産総合センターは5カ年計画での養殖ととするフコイダン製品の開発の実用化を目指している。

は、石川県をはじめ北海道の東側を除く日本全土の沿岸域に広く分布しており、2月と6月の成熟期に収穫されている。

能登では一般的な食べ物で、スーパーでも販売され、の物などにして食べられている。


 健康食品

 <  前の記事 3 フコイダンに期待する効果  |  トップページ  |  次の記事 2 フコイダン、能登の研究   > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴