Top >  フコイダンのがんへの効果 >  2 フコイダンに期待する効果 

スポンサードリンク

2 フコイダンに期待する効果 

2 フコイダンに期待する効果として

九州大学大学院農学研究院  遺伝子資源工学部門 教授
白畑 實隆

フコイダンは、、モズクなどの褐藻類に含まれる海藻をとするを総称して呼んでいます。

フコース、ガラクトース、ウロン酸、などがフコイダンには含まれていますが、
特に硫酸基が付いたフコースを多く含んでいて、細胞の様々な機能に影響を与え、を与えることが明らかになっています。

免疫賦活作用、抗作用(抗がん作用)、抗アレルギー作用、コレステロール低下作用、低下作用、抗作用、抗作用、抗作用、向上作用など、フコイダンの効果は、実に多彩で有能性に富んでいます。

低分子処理を行い吸収されやすくなったフコイダンの、驚異的な抑制効果を示すといううに注目して研究を重ねています。

ヒトで効果があると、すでに示されている物質が、人体の中でどのように働き動いているのかを明らかにするのは、それほどの困難は伴わないと考えています。

逆に、動物実験あるいは試験管内では効果があっても、ヒトで効果が出せないという、最終段階を乗り越えられない事例もたくさんあります。
 アレルギー

 <  前の記事 1・フコイダンに期待する効果   |  トップページ  |  次の記事 3 フコイダンに期待する効果  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴