Top >  フコイダンのがんへの効果 >  1・フコイダンに期待する効果 

スポンサードリンク

1・フコイダンに期待する効果 

1 フコイダンに期待すること 

九州大学大学院農学研究院  遺伝子資源工学部門 教授
白畑 實隆

日本人の死因は、がん、心疾患、脳卒中、肺炎、不慮の事故の順という、近年の統計調査結果が出ています。

がんは死因のじつに1・3を占めており、現代の食生活の欧米化などによる影響で、やがてはがんによる死因が、半分を占めるのではないかと危惧されています。

心疾患及び脳卒中は、血管系の病気でいずれも動脈硬化が原因で発症し、死因の1/3を占めている。

糖尿病は近年、日本人の約6.4人に一人が罹患するか、罹患する恐れがあるとされている病気で、生活習慣病と呼ばれるこれらの発症は、食べ過ぎ、肥満、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙などが原因で、

それとは別に、多くの国民がアレルギー症である花粉症やアトピー性皮膚炎などに悩まされている現状です。

近年増加するアレルギー症は、免疫系の異常である、自己免疫症によって引き起こされる疾病だが、社会問題にまで発展するほどになっています。

 

 <  前の記事 2.フコイダンで健康食品   |  トップページ  |  次の記事 2 フコイダンに期待する効果   > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴