Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンは免疫力を強化させる

スポンサードリンク

フコイダンは免疫力を強化させる

フコイダン効果には免疫力を強化させる働きがあります。

免疫とは自分の体以外のものを侵入させないようにするシステムで

病原菌などの異物を、排除する作用を指します。

B細胞・T細胞・NK細胞などのリンパ球や、マクロファージなどの白血球が
免疫の司令塔を担って、それぞれが働く作用が違い、高度な免疫システムを維持しています。

小腸は、外部からのを吸収するための器官なので
に紛れ込んで、有害な物質を体内に取り入れないようにするために
リンパ球を集中させて防衛につとめていて、全身の60%ものリンパ球を集めています。

この働きを、と呼んでいて、やウィルスなど、免疫細胞から「異物」と判断されるとリンパ球から攻撃されるシステムになっています。

フコイダンも人体外の分子構造をする異物であるために、免疫細胞から「異物」の指令が出されます。

リンパ球は、小腸から取り入れたフコイダンを攻撃するために、活発な活動を開始し、その活動が、体内の免疫力の向上につながると考えられています。
フコイダン   

 <  前の記事 フコイダン効果はがんの転移を抑制する  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンを含む褐藻類  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴