Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン効果はがんの転移を抑制する

スポンサードリンク

フコイダン効果はがんの転移を抑制する

フコイダンの効果の中に、がん組織の転移抑制作用があります。


転移するのには、0.1ミリの大きさで転移能力を持っていると
言われます。
(がんの早期発見するための必要な大きさは約 5ミリ位にならないと困難と言われています)

がん細胞は、どこにでも転移するほど手当たり次第ではありません。

がん細胞は、次に転移する、好みの場所を探しているのです。
ホーミングレセプターとも呼ばれている、がんの嗜好性によるものです。

発症した場所(原発)によって差があるのですが、がんが転移を好む臓器は
胃がん・がんの場合はへの転移を好み、前立腺がんの場合は骨への転移を好み、乳がん・乳腺がんの場合は脳・副腎・肺・への転移を好むという、がん細胞ならではの方向性があります。

好みとする臓器をがん細胞が転移することを「」と呼んでいます。

がん細胞は発症した場所から離れて、自分のを探すために、血管の中に入っていきます。

血管の中をさまよい、目的のを見つけると、がん細胞が持っている接着因子で臓器に張り付き、臓器への進入(浸潤)を試みるのです。
くっついた時が、転移の瞬間です。

フコイダンの転移抑制効果は、こうしたがん細胞の動きとは別に
臓器をフコイダンが覆ってしまって、がん細胞の接着を不可能にして
転移を抑制してくれます。

張り付く場所を見つけられないがん細胞は、やがて力尽き
最後には死滅して、身体の外に排出されていきます。
   

 <  前の記事 フコイダンの自己治癒力促進  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは免疫力を強化させる  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴