Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの自己治癒力促進

スポンサードリンク

フコイダンの自己治癒力促進

フコイダンの効果から得られる、免疫力をアップし、わたしたちが本来持っている自然治癒力を高める効能があると考えられています。


免疫力賦活化作用がフコイダンには備わっていて、体の様々な不具合を
人間の自然治癒力を正常化することで改善できると考えられているのです。

生活習慣病や、アレルギーの抑制にも効果があると報告されています。

人間は本来、自分で病気やを治そうとする自然治癒力を持っています。

自然治癒力を起こさせる免疫系の中心的役割は、血液中のリンパ球が担っています。

つまり、リンパ球の働きが強ければ強いほど、攻撃力が強く、病気に罹りにくい、または病気に抵抗力を持っていると考えられます。

この免疫力を促進させる免疫力賦活化作用がフコイダンにはあるといわれ、身体に吸収され、血流にのり全身に運ばれ、免疫を司る細胞にも伝えられます。

吸収されないまま小腸を通過するフコイダンも、小腸の「」を刺激し、免疫力を向上させることがわかっています。

代替医療として注目されているフコイダンの「」は、免疫システムに着目し身体の機能を取り戻させるということに期待する療法です。

フコイダン効果には強力な抗がん作用があるので、服用することで身体全体のさせ、自然治癒力の回復・向上が行われ、体質の改善等が進むということがわかっています。
   

 <  前の記事 フコイダン効果、昆布の科学  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果はがんの転移を抑制する  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴