Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン療法、その効果

スポンサードリンク

フコイダン療法、その効果

フコイダンは海藻類に含まれる海藻特有の"ぬめり"成分の中に存在する多糖成分です。

褐藻類には、海藻フコイダンが乾燥重量の4%前後含まれているといわれています。

中でもフコイダンは沖縄モズクに多く、昆布の5~8倍も含まれています。

フコイダンの種類は、科からされた三種類(フコースだけのF-フコイダン、グルルロン酸とのU-フコイダン、ガラクトースとフコースのG-フコイダン)と

ナガマツモ科のオキナワモズクからされたオキナワモズクフコイダン等

フコイダンの基本的な構成主成分は、海藻の種類により異なっていますが、どれも「フコース」「硫酸化フコース」と呼ばれている糖がメインです。

日常の食事でモズクやを食べることで、海藻フコイダンは摂取できます。

モズク製品等をスープにしても問題がでないほどに耐熱性も強くあります。

日々の食事でモズク製品から海藻フコイダンを摂取することで、
を促すことも可能です。

でも、モズク1キロから摂れるフコイダンは、1gしかないといわれているのに対して
フコイダンの抗がん作用の効果を期待するならば、一日に3g~6gのフコイダンを摂取するほうが良いと考えられています。

食事から摂取する方法は、吸収性の悪さと、フコイダンの量を考えても現実的とは
考えられないところがあり、超低分子フコイダンなど、製品化されたフコイダンを飲用することが望ましいかもしれません。

フコイダン  

 <  前の記事 フコイダンを飲用した効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン療法の効果効能  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴