Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンは日本癌学会にて発表

スポンサードリンク

フコイダンは日本癌学会にて発表

フコイダンのがん組織に対するアポトーシス作用に関しては、
すでに第55回日本癌学会、
第69回日本がん学会にて
由来フコイダン及びその分解物により誘導されたヒト胃がんと結がん細胞株のアポトーシス」と言う論文で、研究報告がなされ、フコイダンの効果が発表されています。

また、その他「第18回糖質シンポジウム」「第69回日本生化学会大会」など
でも学会発表がされ、研究者の間でも注目を集めました。

ところで、フコイダンの研究の先駆けは、日本ではなくアメリカが早くに熱心に取り組んでいますし、世界中で研究が進み、100種類を越す論文が各国で発表されています。

特にアメリカでは、フコイダンの認知度は日本よりも高く、熱く注目されています。
アメリカのがん患者は日本の7倍といわれている背景も手伝っているものと考えられています。

フコイダンのがんに対する期待は、いまや全世界から寄せられているといって過言ではないと思われます。フコイダン  

 <  前の記事 フコイダン効果は代替医療で注目  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果の広がる可能性  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴