Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン効果は代替医療で注目

スポンサードリンク

フコイダン効果は代替医療で注目

フコイダン効果は代替医療の面でも話題を集めています。

がんの治療に
代替医療の有名なものは、アガルクスやなどがありますが、これらの働きは、正常細胞、やマクロファージを強化することによって免疫力を強くさせて、がん組織を攻撃させようとする、あくまで間接的な方法です。

つまり、正常組織とがん組織の対決を、間接的の応援する働きを期待しているわけですが、
正常細胞の勝利は、改善し、正常細胞が負けてしまうと死を意味してしまう。

フコイダンの効果は、これらの代替医療と大きく決定的な差を持っています。

フコイダンはアガリクスと同様に、免疫力を強化し正常細胞をサポートもするのですが、
フコイダンが他のものと違うのは、がん組織に直接働きかけ、がん組織を死滅に追い込むアポトーシスと言う働きがあるからです。

フコイダンがあわせて持つ血管新生抑制作用もがん組織を強烈に抑える働きがあります。

フコイダンには、必須アミノ酸が非常にバランスよく含まれているので、必須アミノ酸が身体の調子を整える力を与えますから、がん治療においても大きな手助けになります。

アガリクスなどの抗がん作用が強いとされるキノコ類に含まれる、免疫力を高める「レンチナン」と言う物質に心臓に負担を与えると言う実験結果が、最近の日本がん学会で発表されています。

フコイダン  

 <  前の記事 フコイダンの代替医療  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは日本癌学会にて発表  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴