Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの代替医療

スポンサードリンク

フコイダンの代替医療

フコイダン効果に代替医療としての期待が大きくなっています。
昨今、先進国のアメリカをはじめ、日本国内でも代替医療が注目されています。

副作用のある化学的に製造された薬の投与が中心の西洋医学の領域に属さない療法のことを代替医療と総称しています。

代替医療には、漢方や鍼灸をはじめとする東洋医学やアロマセラピーも代替医療として認められています。

他に、健康食品などのサプリメント類、インド医学のアユールヴェーダ、カイロプラクティック、温泉療法など、音楽療法やカラーセラピー、同毒療法と呼ばれるホメオパシーと呼ばれるものまで、枚挙にいとまがないほどです。

代替医療の多くは、わたしたち人間の自然治癒力を呼び起こすものであったり、化学薬品を用いないで体内正常化を実現するというものです。

現代西洋医学でも解明されていないことが多くあり、全世界の約6割~8割の方は西洋医学ではなく民間療法によって治療をしているというWHOの見解もあります。

1990年代ごろから多くの代替医療に関する論文が提出されるようになり、注目され研究が進んでいます。

アメリカでは、年々代替医療に関する公的機関による研究や調査のと入り組みが活発になっていて、研究費も10年余りで50倍になっているとの報告すら出ています。

代替医療と西洋医学との融合を実現していく動きが、研究・調査が繰り返されていき、いつの日にか統合医療という形で、実現されるかもしれません。


代替医療が注目される中、フコイダンの効果は、他の代替医療とは一線を画しているという考え方が強くあり、フコイダンの働きに大きな関心が集まっています。
フコイダン 

 <  前の記事 フコイダンの効果は消化器だけではない  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果は代替医療で注目  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴