Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの効果は消化器だけではない

スポンサードリンク

フコイダンの効果は消化器だけではない

フコイダンが全身のがん患部に、働くということは
医学博士 吉田年宏 先生が、最初にフコイダンを処方した患者さんが肺がんの方で、フコイダンの投与で症状が改善されたという報告でも、証明できるといわれています。

肺がんは系ではないので、フコイダンの摂取によってしか効果が出ないとは考えられないからです。
フコイダンを投与している間、抗がん剤やその他の治療を中止していたにもかかわらず
マーカーの数値が下がり、画像データーでもが小さくなったというのです。

フコイダンが吸収されて、がん組織を死滅させている結果、マーカーの値が下がり
画像データーでも小さくなっていったと考えられています。

医学博士 吉田年宏 先生の経験では、末期患者の112人にフコイダン治療を行い、2週間から1ヶ月の間でほぼ100%近い患者さんが、がんマーカーの低下が見られ、LDHなどの低下も認められたとのデーターもあり、がんに作用していることは確実と見られています。

臓器内に関しては、かなり効果が出ているそうで、消失の割合も高いのだそうです。

フコイダンは血管を通じて患部のまで届くので、血管の通じているところならフコイダンが必ずがん組織に働きかけると考えられています。
がん組織は、栄養をたくさん必要とし、増殖する周りを新しく勝手に作ってしまう血管で取り囲んで増殖のスピードを上げる性質を持っているので、
血の通うところへ働きかけるフコイダンが、血管の流れにより患部に届き、がん組織死滅のための攻撃を仕掛けることは、とても自然な流れとして考えられているのです。

フコイダン  

 <  前の記事 フコイダン効果の吸収面  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの代替医療  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴