Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン効果、がん細胞を正常させるアポトーシス

スポンサードリンク

フコイダン効果、がん細胞を正常させるアポトーシス

フコイダンのアポトーシス誘導作用とは、古い細胞→自滅スイッチが入り→新しい細胞という
細胞が新しく生まれ変わるための細胞が元々持っている機能の事を、アポトーシスといいます。

がん細胞は、この細胞が持っていた生まれ変わる機能が作動しなくなり、自滅スイッチが動かなくなって増殖を繰り返し大きくなっていきます。

がん細胞がアポトーシスを起こすようになるということ=正常に細胞が機能し始めること
ということになります。

おたまじゃくしがカエルになる時に、しっぱは切り落とされるのでも、消えていくのでもなく
遺伝子に組み込まれた時間が終了し、細胞が壊れ、シッポがなくなっていくのです。

こうした、遺伝子のプログラムが壊れ、暴走するだけになった状態ががん細胞であり
フコイダンががんに効果があると考えられ、研究され注目されるのは
このアポトーシスが細胞の正常化機能であるからです。

フコイダン  

 <  前の記事 フコイダンの3つの効果 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果の吸収面  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴