Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの3つの効果 1

スポンサードリンク

フコイダンの3つの効果 1

フコイダンは「免疫活性」も持った上で、がん細胞に直接痛烈な攻撃をする、驚くようなはたらきがあります。
わたしたち身体の、免疫細胞を力づけ「免疫力」を高めることで間接的にがん細胞を攻撃する=「免疫活性」を期待される薬用キノコ類の「βーD-」とは多少効果に違いがあります。

フコイダンのアポトーシス誘導は、がん細胞に直接働きかけ、暴走するがん細胞を消滅させる働きがあり、そのフコイダンの効果は、がん細胞を正常細胞に戻す働きをしていて、結果的にがん細胞を死滅させているという考え方が有効です。
世界がフコイダンのがん抑制効果に期待するのは、こうしたフコイダンの働きがあるからです。
どちらにしても、フコイダンが正常な細胞には、まったくダメージを与えず、異常に増殖するがん細胞だけを攻撃し、副作用が全く見られないのが、フコイダンの特徴です。
フコイダン  

 <  前の記事 フコイダンとアガリクス効果の違い3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの3つの効果 2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴