Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの血管新生の抑制

スポンサードリンク

フコイダンの血管新生の抑制

フコイダンの効果に、血管新生の抑制があります。

血管新生の抑制とは、異常細胞の栄養補給経路、転移経路を断つという事を指しています。

フコイダンにはがんに効果のある
1.免疫力の活性 
2.異常細胞を自滅させる(アポトーシス誘導)

以上、素晴らしい攻撃力を持っているフコイダンには
さらに注目に値する恐るべき攻撃力を持っているのです。

フコイダンの持つすさまじい攻撃力とは、「血管新生の抑制」です。

がん細胞のように、正常な細胞が突然変異した異常細胞は、ひっそりと長い時間をかけて少しづつ大きくなっていきます。

細胞分裂をくりかえし増えて大きくなっていくがん細胞も、大きくなるために栄養を手に入れなければならないのです。

がん細胞は、自分のを促進するための栄養を手に入れるため、勝手に新しい血管を増築し、増殖した細胞の周りに張りめぐらせてしまうのです。

周囲の正常な細胞は弱まりますが、がん細胞だけは大きく成長していきます。

最近の研究によると、がん細胞は直径2ミリを超えると、血管新生を始めるというデーターもあります。

さらに恐るべきは、この新しく勝手に作られた血管は、がん細胞が転移する時のルートとしても使われるのです。
血管新生を止めなければ、がん細胞を撲滅することができません。

そこでフコイダンの効能に注目が集まっています。

フコイダンには、このがん細胞が勝手に増築する血管新生を妨害する働きが、様々な明らかになっているからです。

フコイダンは、自動的にがん細胞などの異常細胞と、栄養の補給ルート、転移ルートを見つけて、攻撃してくれる頼もしい働きをするのです。

がんの実験結果では、一定の大きさになるまで増殖し、血管新生が出来た途端、増殖のスピードが速くなることが知られています。

血管新生はがん細胞の栄養補給を担当するので、フコイダンを投与し、血管新生を攻撃することが、がん細胞の増殖や転移を防ぎ、いわゆる兵糧攻めにすることが確認されているのです。

フコイダンのがん細胞への攻撃は、最初に書いたとおり
1.免疫活性 
2.異常細胞を自滅させる(アポトーシス誘導)
があるのですが、

さらに、3.血管新生の抑制という3つが確認され、

これほどに効果的な攻撃力を持つものは、現代でフコイダンしかないとされています。
フコイダン  

 <  前の記事 フコイダン効果のアポトーシス誘導とは  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアガルクス効果の違い1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴