Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの3つの生理活性

スポンサードリンク

フコイダンの3つの生理活性

フコイダン効果のすばらしい力が、研究者の数々の努力により発見されてきましたが、何故こんなに注目されるようになったのでしょうか。

フコイダンの研究報告におけるとして、
大きく分けて下記の3つの作用が報告されています。

1 免疫活性力を高める

2 アポトーシスの誘導(がん細胞の撲滅)

3 血管新生を抑制させる

免疫活性とは何でしょうか。

がんに効く作用を持つとして有名なアガリクスですが、ブラジルの南東部の山地が原産地で、
「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」という学名を持つキノコで、柄が長く 傘の形がマッシュルームに似ていることから、「姫マツタケ」の通称名で呼ばれています。

アガリクスは「1-3、1-6」というの成分でできています。

とは類が集まりつながったのことで、物質として注目を集めているものです。

アガリクスの効能としては、が免疫力を活性させ高めることとして良く知られ、身体の中に存在する免疫細胞を強化して、増殖するがん細胞を攻撃する力を免疫細胞に持たせるという、間接的な作用があるのです。

フコイダンののうち免疫賦活に作用するメカニズムに、2002年9月に放送されたテレビ番組では焦点があてられました。

フコイダンの粘膜免疫をさせるメカニズムについて紹介されたのですが
粘膜免疫とは何でしょうか?

外部の有害な物質を身体に取り込まないようにするための粘膜の働きの事を指します。

わたしたち人間は、有害なアレルギー物質や、ウィルスに囲まれ暮らしています。
からだに害のある物質の侵入を阻んでいるのが、皮膚と粘膜なのです。

皮膚は傷つかない限り、やウィルスの進入を許しませんが、粘膜は大変薄い一枚の層しかないために、ガードが弱く、ウィルスやを体の中に進入させてしまいます。

粘膜には、進入した有害物質を攻撃する精密な防衛システムが備わっています。

この素晴らしい防衛システムを粘膜免疫と呼んでいます。

粘膜免疫の反応をさせることが、免疫細胞をさせることにつながるメカニズムがあるのかもしれないと、研究者は考えているようです。

フコイダン    

 <  前の記事 フコイダンがマスコミに取り上げられるまで  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果のアポトーシス誘導とは  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴