Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン効果はなぜ ガンに効くのか?

スポンサードリンク

フコイダン効果はなぜ ガンに効くのか?

フコイダン効果はがんに何故効くのでしょうか?

フコイダンががんに効果があるという医療からの検証は、日本国内でまだ確立されていません。

フコイダンががんに効果があるという根拠が確立しないのにも関わらず、なぜフコイダンがこれほどまでに注目されているのでしょうか。

がんに効果があるとされるのは、データーがもっと増えていった時に、はっきりフコイダンが薬として紹介されるかもしれません。

フコイダンが抗がん作用があると注目される理由は、

1 アポトーシスを誘導する優れた効力

2 免疫力の増加、増強をはかる

3 血管新生を抑制し、がん組織を増やさない

この3点のがんに対する効果が、抗がん作用としてフコイダンが素晴らしいとされる理由です。

現代医学においても、上記の3点が抗がん作用として治療に行われていることですが、フコイダンの素晴らしいところは、アポトーシスの効能です。

現代医療において、アポトーシスを発揮することは難しいといわれています。

三つの働きの全てに効果があるということが、フコイダンががんに有効であるといわれ、また注目されるいわれでもあります。

もずくやメカブ、その他のきのこ類を毎日大量に摂取する困難さは、あえて申し上げるまでもないと思いますが、吸収できるかどうかも大変重要です。

わざわざ食べ物として摂取しても、腸の中を通過して排泄してしまうばかりでは、フコイダンの効果を取り込むことは出来ません。

フコイダンの効果を水溶化した液体から摂取する、超低分子シーフコイダンが注目されているには理由があったのです。

 <  前の記事 高分子 低分子の違いって何だろう?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは硫酸基を持つ硫酸化多糖体です  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴