Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン効果『発掘!あるある大事典』より

スポンサードリンク

フコイダン効果『発掘!あるある大事典』より

フコイダン効果では、話題を高めた番組がありました。

『発掘!あるある大事典』では「アポトーシス作用」ついて
三重大学生物資源学部分子細胞生物分野の田口寛教授が行った実験結果として
フコイダンのメカニズムが紹介されています。

ヒトのがん細胞が入った培養液を二つ用意し、一つにはフコイダンを生理食塩水に溶かした溶液を加え、もう一つにはただの生理食塩水だけの溶液を加えました。

経過を計測していると、

フコイダンの溶液を添加したがん細胞は、すぐに細胞の輪郭が崩れ
24時間後にはほとんどのがん細胞が消滅し、死に絶えてしまったのです。

番組では、感嘆の声が上がり、フコイダンががんに効力を発揮することが広く知られ、注目されるようになったのです。

田口教授によると、アポトーシスの典型的な自己崩壊の形が、がん細胞の形が崩れて、ガタガタになり小さく壊れていく様子なのだそうです。

しかも、フコイダンのアポトーシスは、いくつもの経路で完全にがん細胞を崩壊させる方法がとられ、さらに正常な細胞には全く攻撃をしない安全性があるのです。フコイダン  

 <  前の記事 フコイダンの実験データー2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの発見  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴