Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンの実験データー1

スポンサードリンク

フコイダンの実験データー1

フコイダンはがんに効果があるのか?という実験データーがあります。

平成12年、鹿児島大学 食品機能化学の専門家、藤井信博士の下で、がん細胞に対し、フコイダン効果がどのように作用するのか?というさまざまな実験が行われました。

その研究のひとつが、フコイダンでがんは消滅するのかの実験として、培養器内のがん細胞に対するフコイダンのアポトーシス効果の実証実験があります。


それぞれのがん細胞を加えた培養器にHL60(前骨髄性白血病細胞株)とNOS4(ヒト卵巣がん培養細胞株)を用意し、下記のフコイダンを添加、それぞれのがん細胞の自己崩壊(アポトーシス)の状況経過(の断片化)を測定しました。

1 モズクから抽出されたフコイダンエキス

2 から抽出されたフコイダンエキス

3 キノコ類の代表「アガリクスエキス」
(現在研究の結果、免疫賦括作用があることがわかっています)


培養液の中のフコイダンが有効に機能して、がん細胞が自己崩壊(アポトーシス)を起こすと、
がん細胞のには破壊され、断片化という現象が起こるのです。

フコイダンを添加したことによって断片化現象が起これば、遺伝子のプログラムに従って細胞が新陳代謝のように死んでいく証拠になるので、大変重要な実験でした。フコイダン

 <  前の記事 フコイダンの良質な原料  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの実験データー2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴