Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンが肝がん抑制効果・2

スポンサードリンク

フコイダンが肝がん抑制効果・2

またこの長峰教授のフコイダンの実験では、医薬品や医療機器の安全性の指標になる細胞毒性についても研究が行われており、沖縄産のモズク由来のフコイダンが、北欧や北太平洋に生息する海藻ヒバマタ由来のフコイダンよりも細胞毒性が軽いことも明らかになっています。

今後の長峰教授の研究は、フコイダンのがん細胞への抑制効果が、肝がんだけに留まらず、他のがんにも効果があるのか、そもそもフコイダンの治療に副作用があるのかなどについても、研究を進めていくそうです。

長峰教授は、沖縄産モズク由来のフコイダンの素晴らしさを解明することで、沖縄の地場産業の発展に貢献したいと抱負を語っています。


  

 <  前の記事 フコイダンが肝がん抑制効果・1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアルコール抑制効果  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴