Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンが肝がん抑制効果・1

スポンサードリンク

フコイダンが肝がん抑制効果・1

フコイダンの機能性に、肝がんを増殖させる手助けをするたんぱく質「CXCL12」を、フコイダンが抑制する働きがあることを、長嶺群馬大教授は初めて解明したと、2009年4月にアメリカの専門誌「栄養とがん(Nutrition and Cancer)」で論文で発表しました。

フコイダンのがん細胞への効果、有能性は広く世界で研究されていますが、フコイダンが肝がんを抑制する仕組みを解明したのは、世界でも初めてのことで、大きく取り上げられています。

肝がんの予防などに応用することが出来る可能性があるとして、注目を集めています。

実験では、オキナワモズク由来のフコイダンを使用し、培養した肝細胞がんにフコイダンを加える方法で行われました。

加えるフコイダンの濃度が高いほど、”肝がんの増殖を助けるCXCL12”が減少し、他のたんぱく質にはへんかは見られませんでした。

他に、マウスでの実験もあわせて行われ、発がん物質を投与されたマウスにフコイダンを与えて、与えないマウスとの比較をしました。

与えなかったマウスでの発症数と、できてしまったがん組織の大きさが、与えられているほうのマウスが発症の数が少なく、発症していてもがん組織が小さかったことから、フコイダンの抑制の効果を明らかにしました。

  

 <  前の記事 フコイダン茶 リニューアル  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンが肝がん抑制効果・2  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴