Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん

スポンサードリンク

フコイダンとがん

フコイダンががんに効果があると、フコイダンの有効性について世界の注目を集めています。

がんの治療では、抗がん剤の副作用により正常な細胞までが破壊されてしまうこと、患者さんの体力の低下など、治療が逆に体力を奪ってしまうことを、どのように軽減するのか改善するために研究が続けられています。

がんの治療では、痛みを完全に治療で取り除けるのかという事も、大きな要素になります。

がん患者さんを対象にした調査では、痛みが完全に取れたと感じている人は、全体の16.6%と、低い数値であることが明らかになりました。

慶応大研究班が、がん患者さんを対象に行った調査の結果では、16.6%と低かったのに対し、医療者側を調査対象にした場合は、5~6割は痛みを完全に取れていると答えています。

つまり、患者さん側と医者の間では、こんなに評価が分かれているとういうことです。

研究班の佐藤靖郎済生会若草病院外科部長は、患者さん対象の調査で16.6%という数字が出たことに対し、衝撃的なことだと話しており、今後のがん治療の改善に対しては、患者の声を積極的に取り入れた、緩和ケアーの改善が必要であるとしています。

痛みの測定に関しても、患者の感覚がおざなりにされているとは言えないでしょうか。
もっと患者さんの実感が伝わるような痛みの測定方法など、改善していく必要があるでしょう。

フコイダンはがんの医薬ではありませんが、総合医療として、西洋医学と組み合わせた治療として、医療現場で使われることも多くなってきています。

症状の改善の中の、大きな要素に、痛みを取り除くということも含まれます。

2006年6月~7月までの間で、全国のがん患者の会と通して、アンケート調査をして、1634人から回答を得た結果、半数以上が日常生活に支障があるほどの痛みを感じており、痛みがかつてあった人は38.9%、今でもある人は23.9%と6割を越えています。

がんの全てが痛みが起きるわけではないとも言われていますが、この数字から見た限り、がんと痛みの関係は高いといえるでしょう。

医療機関での治療により、痛みが完全に取れた人は16.6% ある程度取れた 52.2%。
満足度では、6割強が満足としていますが、逆に不満だとする回答も1割あって、治療がまだ患者さんにとって厳しい状況である事は否めない結果になっています。


  

 <  前の記事 通信販売 2  |  トップページ

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴