Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダン血管新生抑制効果

スポンサードリンク

フコイダン血管新生抑制効果

フコイダンの効果に、血管新生の抑制があります。
血管新生の抑制とは、異常細胞の栄養補給経路、転移経路を断つという事を指しています。

フコイダンにはがんに効果のある
1.免疫力の活性 
2.異常細胞を自滅させる(アポトーシス誘導)

以上、素晴らしい攻撃力を持っているフコイダンには
さらに注目に値する恐るべき攻撃力を持っています。

フコイダンの持つすさまじい攻撃力とは、「血管新生の抑制」です。

がん細胞のように、正常な細胞が突然変異した異常細胞は、ひっそりと長い時間をかけて少しづつ大きくなっていきます。

細胞分裂をくりかえし増えて大きくなっていくがん細胞も、大きくなるために栄養を手に入れなければならないのです。

がん細胞は、自分の異常繁殖を促進するための栄養を手に入れるため、勝手に新しい血管を増築し、増殖した細胞の周りに張りめぐらせてしまうのです。

周囲の正常な細胞は弱まりますが、がん細胞だけは大きく成長していきます。

最近の研究によると、がん細胞は直径2ミリを超えると、血管新生を始めるというデーターもあります。

さらに恐るべきは、この新しく勝手に作られた血管は、がん細胞が転移する時のルートとしても使われるのです。
血管新生を止めなければ、がん細胞を撲滅することができません。

フコイダンががん細胞への血管新生抑制効果があることが、研究によって知られるようになり
フコイダンへの期待と注目が高まりました。

しかし、最近の研究によって、サメ軟骨にも血管新生抑制効果が認められることが、明らかになりました。

サメ軟骨寝の認知は高く、流通が始まって20年近い月日が経ち、人気のある商材です。
現在はフコイダンとあわせて、代替医療の素材として代表的な機能性食品として、統合医療を行う医療現場で認められています。

2007年5月23日 ニュースより

  

 <  前の記事 フコイダン市場、80億円に到達  |  トップページ  |  次の記事 新薬への研究  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴