Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと免疫力の関係【3】

スポンサードリンク

フコイダンと免疫力の関係【3】

フコイダンががんに効果があるのかないのか。
臨床例が少なく、未だに特効薬としてのフコイダン医薬品は開発されていません。

では、フコイダンはがんに対して無力なのでしょうか?

フコイダンの実証例では、フコイダンの血液抗凝固作用である、血液の循環を良くする報告があります。

血液が血栓を起こし、血管内で詰まってしまう脳梗塞や心筋梗塞などに、ヘパリンという薬が用いられます。
ヘパリンのおよそ2倍の効果が、フコイダンに認められたという報告です。

血液の循環が良くなることで、リンパ球が全身にくまなくめぐり、免疫力がアップします。
免疫を活性化させる働きのある細胞が、体中を廻るのですから、自己治癒力が上がるのです。

 <  前の記事 フコイダンと免疫力の関係【2】  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫力の関係【4】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴