Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと統合医療【3】

スポンサードリンク

フコイダンと統合医療【3】

フコイダンが、医薬品として認められていないのにもかかわらず、医療現場に浸透しつつあるのは、西洋医学では対応できない現代医学の限界の部分が、代替医療と組み合わせる統合医療によって、より治療が進ませ易くなっている背景があるようです。

代替医療とは、フコイダンに関わらず科学を基本とする西洋医学の範疇から溢れるもの全てを指していいます。
鍼灸もアロマテラピーなど、機能性食品・健康食品、マッサージ、民間療法、伝統医療など、書ききれないすべてが代替医療になるのです。

代替医療の特色を挙げるなら、病気を肉体におけるシステムの不良や不調という考え方で、メンテナンスを行うために、体の本来持っている自然理湯力を挙げようとするのが特徴です。

現代医学の発展の影で、代替医療の研究も進んでいます。

つまり、現代医学でカバーできない部分を、代替医療も組み合わせて、お互いに足りない点を補充し上手な治療を行う方法が、徐々に浸透しつつあるのです。

2007年 08/24 産経新聞 夕刊
  

 <  前の記事 フコイダンモズクの品質安定【2】  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと統合医療【4】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴