Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと統合医療【2】

スポンサードリンク

フコイダンと統合医療【2】

フコイダンはがん治療の代替医療として、世界から注目を集めて研究が進んでいますが、まだ医薬品として認められてはいません。

西洋医学である、現代の医療は、体内の悪い部分の腫瘍などを切り取ってしまうなどの、ピンポイントで攻撃する方法で、大きく飛躍的な発展をしてきました。

死因の第一位とされるがんであってさえ、早期発見と早期の治療開始で、以前のように不治の病ではなく生存率も上がってきました。

がんの治療として、どんなものがあるのかというと、大きく分けて手術・抗がん剤による化学療法・放射線療法の3つがあります。

悪いところを取ってしまう手術は、身体へのダメージが強く、体力の低下と回復への心配があります。
また抗がん剤や放射線治療は、がん細胞を死滅させてくれるのは大変良いのですが、その周りにある正常な細胞まで殺してしまい、肉体の負担が大変大きく、がん治療そのものががん患者を病気の進行よりも苦しめてしまうケースさえあるほどで、がん治療は未だに闇の中にあるといっても過言ではないでしょう。

2007年 08/24 産経新聞 夕刊
  

 <  前の記事 フコイダンと統合医療【1】  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンモズクの品質安定【2】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴