Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンと統合医療【1】

スポンサードリンク

フコイダンと統合医療【1】

がんが日本人の死因のトップを占めてから、ずいぶんになりますが、未だにがんに対する特効薬は見つからず、多くの患者さんが癌で亡くなっています。

しかしその一方で、年々増え続けるがんに対して、統合医療が徐々にクローズアップされているのも事実です。現代医療の進化は、日進月歩で素晴らしいものがありますが、現代医学で解明できないものや、また足りないところを代替医療を伴うことで、もっと患者さんの生活や治療をよりよいものにさせようとする動きが強くなって来ています。

フコイダンもがんの代替治療として、フコイダン療法が広く知られています。

平成17年度の厚生省が発表した調査では、日本人の平均寿命が伸びている一方で、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、アレルギー疾患など、慢性的な症状で悩む人が増えていて、生活習慣が原因での発症が顕著に増加していることがわかります。死因の一位は、がん。二位は心疾患、三位は脳血管疾患。

このうちでもがんは特に多く、日本人の三人に一人はがんで亡くなっているのが現状なのです。

2015年には、1年間に89万人ものがん患者が出るだろうと、実に恐ろしいような予想がされているのが、高齢化社会でがん患者が激増しているの日本の現実でもあるのです。

2007年 08/24 産経新聞 夕刊
  

 <  前の記事 免疫系の活性化 【3】  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと統合医療【2】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴