Top >  フコイダンのがんへの効果 >  免疫系の活性化 【1】

スポンサードリンク

免疫系の活性化 【1】

フコイダンの研究で知られるタカラバイオ研究所では、ガゴメ昆布フコイダンに特に熱心に研究を進めています。
タカラバイオ研究所は、ガゴメ昆布フコイダンが持つ抗腫瘍作用には、小腸にある免疫系の活性化を促すバイエル板とのかかわりが深いことが明らかになったと発表しました。

フコイダンは、海藻に含まれるヌメヌメした食物繊維で、硫酸化フコースという糖類です。

タカラバイオ研究所では、1995年にフコイダンの化学構造を世界で始めて解明した研究所であり、以来熱心にフコイダンを化学構造と生理活性の両面から研究しています。

タカラバイオ研究所では、ガゴメ昆布に含まれるフコイダンが、今までの研究では経口摂取によってナチュラル・キラー活性(NK活性)が刺激を受けて、強く作用し、免疫力を高めることを解明していました。

ガゴメ昆布フコイダンが全部でF、G、Uと3種類あり、他の海藻由来のフコイダンよりも、ガゴメ昆布由来のフコイダンのほうが強い抗腫瘍作用を示すことを明らかにしています。


2008年10月27日 ニュースより
  

 <  前の記事 台湾に輸出【2】  |  トップページ  |  次の記事 免疫系の活性化 【2】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴