Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで効果が出やすいがん 出にくいがん 2

スポンサードリンク

フコイダンで効果が出やすいがん 出にくいがん 2

フコイダンを飲むときに、直接フコイダンが触れる、口腔がん、舌がんなどと消化器系のがんに対しては、フコイダンによる改善率が非常に高く、80%という素晴らしい結果が出ています。

次に効果が高いのが、血流が大きく流れている臓器といわれていて、血液が多く集まる肝臓がんや肺がん、白血病などでは、70%以上の効果が認められるそうです。

フコイダンは血液に溶けやすいために、血が多く集まる場所に効果が出ていると考えられます。

しかし、残念なことになんにでも効果が出るとは言いがたいものもあります。

血があまり通わない臓器である、胆のうや卵巣などでは、50%前後と旗色が悪くなってしまいます。すい臓がんへの貢献度はさらに低くなり、48%と、フコイダンはあまり聞いていない結果が出てしまいます。すい臓は、消化酵素を作る働きがあり、フコイダンが効果を発揮する環境でないことが数値を下げていると考えられています。
  

 <  前の記事 フコイダンで効果が出やすいがん 出にくいがん 1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと褐藻類 【1】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴