Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンでピロリ菌を追い出す

スポンサードリンク

フコイダンでピロリ菌を追い出す

フコイダンが胃から追い出すとされているピロリ菌ですが、がんの発症の原因になっていることが明らかになりました。

ピロリ菌の正しい名称は「ヘリコバクター・ピロリ」で、細菌の一種で、井戸水を飲用したりすることなどから感染するといわれています。

厚生労働省研究班(担当研究者=笹月静・国立がんセンターがん予防・検診研究センター室長)の大規模追跡調査が行われ、ピロリ菌に感染した結果、胃がんになる確率が5~10倍高くなることがわかりました。

しかし、研究ではピロリ菌を除菌したら胃がんを防げるかどうかはまだ不明をされており、がんの予防には食事の減塩や禁煙、胃がんの定期健診を勧めています。

ピロリ菌感染の追跡調査は、1990年と93年の二回にわたって、全国の40歳~69歳の男女 約4万人弱の血液を採取して行われました。
研究班は、採取した血液からピロリ菌の有無と、体内の菌の毒素の有無を調べたのですが、04年までの間に512人の人が胃がんを発症していました。

採血時にピロリ菌の感染が確認された人は、ピロリ菌がいなかった人に比べて、5.1倍の確立で胃がんを発症していることがわかったのです。

この調査により、ピロリ菌が胃潰瘍や胃炎だけではなく、もっと深刻ながんの発症に関連していたことが明らかになりました。

フコイダンはピロリ菌を抱きかかえるようにして、胃の内部から追い出す作用があるので、がんにフコイダンが効果があります。
  

 <  前の記事 遺伝子が大きく関与  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと血栓の仕組み【1】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴