Top >  フコイダンのがんへの効果 >  遺伝子が大きく関与

スポンサードリンク

遺伝子が大きく関与

英ウエルカム・トラスト・サンガー研究所を中心とする国際研究チームが、8日の英科学誌に、がんについての血球結果を発表しました。

人の正常な細胞が、がんに冒されたり、がん細胞が増殖をしてしまう進行に、直接影響を与えている犯人は、約120個の遺伝子が変異した結果であるということがわかったそうです。

がんのメカニズムが、遺伝子レベルの複雑な背景を持っていることがわかったことは、がん撲滅するには予想以上に難しい問題を抱えているということを示唆しています。

しかし、今後系統的な解明がもっと明らかになっていくことで、新薬開発にもつながる基礎データーが解明される期待にもつながっています。
  

 <  前の記事 がんの増殖を抑制する遺伝子【2】  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンでピロリ菌を追い出す  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴