Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンへの期待【1】

スポンサードリンク

フコイダンへの期待【1】

フコイダンは、人体への免疫力を高めることから、注目されています。

ここでは、逆に免疫力が少なくなった例として、90年代前半に多くの専門家が良い治療法であると期待を寄せた試験的な方法を書いてみます。


白血病などの治療法に一定の効果を示している方法で、
抗がん剤を大量に投与する治療があります。

90年代前半に、抗がん剤を大量に投与する方法は乳がんにも使われていました。
アメリカのアンダーソン病院では、この臨床を12年にわたって試験し、
結果をまとめています。

試験は、乳がんの患者78人に対して行われました。

患者の平均年齢は45歳で、ガン組織の切除手術の結果
ガンが他の臓器に転移していない乳がん患者であり、
全身の健康状態は良好な人が選ばれたそうです。

通常の抗がん治療が、全員に対して行われました。

その後、ランダムに選ばれた半数の患者に対し、
大量の抗がん治療を追加して行うという方法で試験されました。

リンパ節にがんの転移が多数認められる場合に、リンパ節は全身への影響が大きく、他の臓器にがんが転移し易くなると言われています。

追加で行われた大量の抗がん治療は、このほかの臓器へのがんの転移を大量の投与をすることで食い止めようとしたものです。

 <  前の記事 ピロリ菌ががんを誘発!実験により証明される  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンへの期待【2】  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴