Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで免疫力を高めること 7

スポンサードリンク

フコイダンで免疫力を高めること 7

フコイダンは小腸の出口の器官から人体に摂取され、フコイダンの持つ複雑で巨大な分子が原因で、フコイダンは無害であるのに、敵がやってきたと体のほうは反応し、攻撃するために免疫が高まると考えられています。

免疫をたけめるために、免疫を強くする食事を摂ることは大変効果的な対策です。
免疫力は白血球のリンパ球であり、自律神経が白血球をつかさどっています。

自律神経には、激しい活動を行っているときに活性化する交感神経と、睡眠や排泄、食事などののんびりした体を休めるときに適した状態を作る副交感神経の二つがあります。

副交感神経が優位な状況は、リンパ球の働きが活発になり免疫力が高くなります。

副交感神経を活発にすることは、リラックスできるためにも大変重要で、生命を維持するために大切な体のメンテナンスを司っているのが副交感神経ですから、食事で副交感神経を優位にすることが出来れば、安らげることになります。

  

 <  前の記事 フコイダンで免疫力を高めること 6  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンで免疫力を高めること 7  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴