Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで免疫力を高めること 6

スポンサードリンク

フコイダンで免疫力を高めること 6

フコイダンのアポトーシス作用はがん細胞を自滅に追いこむ働きです。

がんの治療に使われることが多い放射線治療や抗がん剤と違って、正常な細胞を傷つけることなく、がん細胞だけ攻撃するフコイダンの効果は、免疫力が弱まっている治療時期に、大変効果が期待できるといわれています。

免疫力を高くするためには、免疫力を上げるような食事を摂取すること、ゆっくり休息を取ってリラックスすること、無理をしないことが効果を上げてくれます。

なぜ食事が免疫力を高めてくれるのが、ご存知ですか?

食べ物は、小腸と大腸を直接刺激をするために、効果が現れやすいのです。
小腸と大腸に、全身の免疫細胞の6割が集まっているので、食生活が大切です。

フコイダンは腸で吸収される大きさではないほど、巨大な複合した物質で、人間の体には分解する酵素がないために便として排出されてしまうのだと考えられていましたが、小腸の出口にある器官が何でも取り入れる機能を持っていてフコイダンもきちんと摂取されるのだということがわかっています。

  

 <  前の記事 がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ (中公文庫) |柳原 和子  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンで免疫力を高めること 7  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴