Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで免疫力を高めること 5

スポンサードリンク

フコイダンで免疫力を高めること 5

フコイダンのがん細胞への最大の効果は、アポトーシス効果です。
フコイダンのアポトーシスはがん細胞を自滅に追い込んでくれる働きの事を指します。

正常な細胞には何も悪い作用がなく、がん細胞だけに攻撃を加え、細胞の自滅スイッチを押して、それでも死ななかった場合には、細胞核に攻撃し、がんの組織を破壊します。

放射線治療を受けた後や、抗がん剤の投与後、手術の後などは、リンパ球の働きが弱まっています。

フコイダンが免疫力を強化して、がん細胞の転移を防ぎ、体力を取り戻させてくれます。
免疫力が高まると、自分の肉体のリンパ球の働きが高まって、がん細胞から身を守ってくれる正常な働きを期待できるからです。

免疫力が高まると、食欲や睡眠にも効果が表れます。
栄養のある食事を美味しく摂取でき、深く質の高い睡眠をとることが、体力を取り戻すために重要です。
  

 <  前の記事 乳がんリスクファクターのすべてを知る!―エプスタイン博士から、全世界の女性たちへ |サミュエル S.エプスタイン  |  トップページ  |  次の記事 がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ (中公文庫) |柳原 和子  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴