Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで免疫力を高めること 4

スポンサードリンク

フコイダンで免疫力を高めること 4

フコイダンは免疫力を高めて傷を修復し、粘膜を強くしてウィルスの発生やばい菌を攻撃する力を効果的に高めてくれる働きがあります。

ストレスで免疫力が弱った場合に、病気が発病しやすくなり、悪い場合にはがんを発症してしまうといわれていますが、なぜ がんが発症してしまうのでしょうか。

人の体は、毎日3000個~5000個のがんの元になる細胞が新しく生まれているのです。

免疫力が正常であれば、がんの元になる細胞は破壊され、がん細胞になることはありません。
がん細胞が増殖することもなく、転移の心配もないのです。

手術で弱った体や、放射線治療、抗がん剤で痛めつけられてしまった体では、リンパ球の数も非常に減ってしまい、リンパ球はがん細胞を攻撃する力がありません。がん細胞が増殖してしまうのです。

フコイダンのアポトーシス効果が、このときに大変有効な効果を期待することができます。
  

 <  前の記事 間違いだらけの抗ガン剤治療―極少量の抗ガン剤と免疫力で長生きできる。 (ベスト新書) |梅澤 充  |  トップページ  |  次の記事 乳がんリスクファクターのすべてを知る!―エプスタイン博士から、全世界の女性たちへ |サミュエル S.エプスタイン  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴