Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンで免疫力を高めること 3

スポンサードリンク

フコイダンで免疫力を高めること 3

フコイダンは小腸で体内に取り入れられ、免疫をつかさどるNK細胞と呼ばれる免疫細胞に働きかけ、体中の免疫を高め、病気などの細胞を攻撃する働きを高める効果があります。

免疫を低下させてしまう原因は、過重労働や精神的なストレスといわれていますが、ストレスには男女で多少違いが見られ、男性は仕事上のストレスで、女性は心理上のストレスが多いようです。これは性別で大まかに大別されているものですが、性格にも大きく起因します。

がんを発病してしまった場合、抗がん剤や放射線治療などや手術を受けることで、これらの治療が免疫力を大きく低下させてしまいます。手術のあとや治療中にも免疫力を維持できれば、病気に負けてしまうことなく、治療の効果も高くすることができます。

免疫力の機能が痛めつけられてしまった場合に、機能改善にかかる日数は、2~3ヶ月かかるといわれていて、その間に病気が悪化してしまっては何にもなりません。免疫力が低下してしまう時期に再発などを起こさないように注意することが大事です。

  

 <  前の記事 フコイダンで免疫力を高めること 2  |  トップページ  |  次の記事 間違いだらけの抗ガン剤治療―極少量の抗ガン剤と免疫力で長生きできる。 (ベスト新書) |梅澤 充  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴