Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンはがんの何に効果があるのか?

スポンサードリンク

フコイダンはがんの何に効果があるのか?

1996年・第55回日本癌学界において、「フコイダンの抗がん作用の研究報告」が発表され、
フコイダンの抗がん作用に注目が集まることとなりました。

フコイダンの効果の特に、「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」にフコイダンの抗がん作用に注目が集まっています。
フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用は、がん細胞(異常細胞)だけを自滅させる働きがあり、他の正常細胞に影響を与えないので、抗がん剤のように身体を痛めつけることがない副作用のない効果が期待されているのです。

フコイダンの医学的メカニズムもほぼ解明されてきており、全世界においてフコイダンの100種類以上の論文も発表されて、がん治療の中で今一番注目されている代替医療であります。

フコイダンの効果は、がんの抑制効果で、副作用の心配がない抗がん剤と言われています。

がん治療で一般的に使われている、抗がん剤はがん細胞にもダメージを与えますが、同時に正常細胞にも多くのダメージを与え、がん患者の体力が著しく低下してしまいます。

フコイダンのがんの抑制効果は、正常細胞をより強化(免疫力強化、マクロファージの活性化、の増強活性化)する免疫力を高める働きと、同時にがん細胞に対してのみがん細胞自体を死に追いやっていく、アポトーシスの誘導作用に期待が集まっているのです。
フコイダン アポトーシス 抗がん作用

 <  前の記事 フコイダンはがんに効くのか  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの高分子のほうが効果とする考え方  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴