Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンは地上に存在する

スポンサードリンク

フコイダンは地上に存在する

フコイダンは茶褐色の海藻類だけに存在する表面を覆っているヌルヌル物質ですが、地上にも唯一フコイダンが存在するのだそうです。

そのとは…?
カエルの卵を覆っている白い液体が、です。
卵がばい菌に侵されたりしないように、傷ついても修復してくれるように、カエルのが地上でたった一つのを生み出したのでしょうね。
両生類だからできることなのか、不思議な話です。

とはいうものの、カエルの卵からを摂取して商品化するには、膨大なカエルの卵を必要とし、とても実現できる話ではないそうです。
海藻は海で探せば楽に見つかりますが、カエルの卵はそうそう見つけることは困難でしょうし、カエルの卵のためにカエルを養殖するのも無理でしょうね(笑) 

生まれたときに、免疫も弱く生存競争の真っ只中に放り込まれる生物の淘汰の中で、が担っている役目はとても大きいように思うのです。
免疫力を強化し、傷を修復し、ウィルスの進入を食い止め、若返りをさせうる。

人は40歳を過ぎる頃から、免疫力が急速に低下し、が顕著になってしまいます。
免疫力が強く、活発な活性があれば病気の細胞も体内で制御してしまうことも出来ます。

一日に3000~5000個もがんの元となる細胞が身体の中で生まれているのですが、通常は免疫力で危険な細胞は消滅され、転移することもありません。
免疫力が下がることで、がん細胞が生まれてしまうのです。 

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり16  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのシャンプー 1  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴