Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり16

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり16

プラス思考は脳内でホルモンの分泌を促して、ベータエンドルフィンが働き、免疫機構が活性化されます。
免疫機能で重要な働きをしているのは、
のT細胞やB細胞で、がん細胞に効果があるのはNK細胞と呼ばれるです。これらの病気を攻撃するための防御機能を増殖したり活性化する働きがあるのが

に考え方が傾くと、が分泌され、が発生してしまいます。を低下させ衰えさせると、普段なら感染しないようなウィルスや細菌に侵されやすくなったり、疲労が蓄積しやすくなる、血圧異常や、肌荒れなどの美容的阻害、性欲減退、老化、がんなどの疾病に罹患するなど言われています。

治療に当って、大事なことは肉体的な諸症状の治癒のほかにも、心のケアが求められるのは、心の置きようでそのものが全く違った効果を示すということが知られてきたからに他なりません。
で病に向き合い、「言葉による治療」や「心のケア」を充分に受けられる環境が望ましいでしょう。  健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり15  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは地上に存在する  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴