Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり15

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり15

フコイダンのがん細胞に対する効果を書いてきましたが、がんをはじめ、多くの疾病に効果があるとされている、違った側面にも留意する必要があります。

がんや生活習慣病などに、西洋医学と代替医療>との併用が効果をもたらしやすいとご理解いただけたかと思いますが、治療はこうした効果がある作用を及ぼすものだけではありません。

それは「言葉による治療」と呼ばれるものです。

診断や手術、投薬だけにとどまらず、対話によりストレスを軽減させて、患者さん本人のがんと戦おうとする意欲を高めることが、おのずとを高める大きな要因になると繋がると考えられています。これをと呼び、学問としても地位を築いています。

心の持ちようで病気の進行が変わってくる、つまり病は気からということわざにもあるとおり、気力がをアップさせる効果があるということです。  健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり14  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり16  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴