Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり14

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり14

フコイダンががんに対する効果が高く、がん細胞を攻撃しがん抑制効果に優れ、免疫力を上げる働きがあることがわかりましたが、がん以外にもフコイダンの効果は解明されてきています。

1 抗・抗がん効果(
2 (免疫活性効果)
3 抗アレルギー作用 
4 血液凝固阻止作用(動脈硬化抑制効果)
5 コレステロール低下作用
6 血圧上昇抑制作用 
7 糖上昇抑制作用(上昇抑制) 
8 抗ピロリ菌・胃不快感改善作用 
9 抗 
10 
11 作用 
12 保湿作用 
13 肌引き締め作用等

がどのように病気に対して有能性を発揮するのか、にはなぜ有能な効果があるのか、未だ解明されない部分が多いのは確かですが、上記のように様々な研究結果が発表され、多くのが上げられていることも確かなのです。
の効果とされる中でも、血圧上昇を防ぎ、高コレステロールを抑制し、動脈硬化を阻止する効果があり、を上昇させない働きをするということは、生活習慣病にも有効に役立つといえるでしょう。  健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり13  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり15  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴