Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり11

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり11

フコイダンががん抑制効果に優れた機能性食品として一躍注目を集めましたが、機能性食品はフコイダンだけに限らず、アガリクスをはじめ、多くの健康食品が市場に出回っており、何を選択したらいいのか分からないということも多くあるでしょう。

ただし、では、充分に健康食品としての効果を納得したものしか取り扱うことはありません。

がん細胞を抑制し、代替医療としての有能性を持つ健康食品は、他にもあるにもかかわらず、なぜでが使われ、多くのがなされているのでしょうか。

がん細胞への有能性という点で、他のとが大きく異なる点は、がん細胞への直接的な働きかけです。

アガリクスを初めとする健康食品の働きは、人の身体が本来持っているを高め、がん細胞に対するを目覚めさせようとするものです。がん細胞を攻撃するような働きは、アガリクスなどの健康食品には期待できません。

はがん細胞を自滅させる働きを持ち、栄養源であるがん細胞が独自に作ってしまった血管新生を抑制して兵糧攻めにし、を高め、転移を阻害します。
  健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり10  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり12  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴