Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり10

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり10

フコイダンには宿便を排除し、整腸効果があります。

またフコイダンは、胃壁と同じ成分で出来ているために、胃の粘膜に馴染みやすく、胃もたれや胃の不快感を感じている人に、マッサージ効果のような働きをして、胃の負担を軽減してくれます。

抗がん剤で食欲を失い、嘔吐の強い状態にある人がを摂取することで、わずか三日ほどで食欲が蘇り、体力を取り戻すことが出来たという報告があるのは、こののへの働きがあるためです。

が胃の粘膜と同じ成分であることは、障害の原因であるピロリ菌を排除してくれる働きがあることも、の大きな有効性です。
ピロリ菌は近年の研究での原因であると解明され、何度も潰瘍を起こす人の多くにピロリ菌が存在することがわかり、大きな衝撃を世界に与えました。
今では胃がんの原因にも、ピロリ菌が関わっていることが解明されています。
はピロリ菌を包み込んで体外へ排出させてしまいます。
いったん感染したら除去するのが難しいといわれているピロリ菌ですが、は胃粘膜と同じ成分であるためにピロリ菌が吸着しやすく、胃の粘膜にピロリ菌がつくのを防ぐ効果があることが認められています。
が胃の粘膜に浸潤して傷つけたを修復し、炎症を回復させてくれるのです。 健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり9  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり11  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴