Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり8

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり8

フコイダンの商品が、日本の市場に広く受け入れられている背景には、日本人が世界でも顕著に胃腸に疾病を抱えている民族であることも大きな理由の一つであろうと考えられます。
日本は世界一の国であるといわれていますが、一方での人も世界一多く、現代の社会に希望を持てなくさせています。

何故、の人が世界一多いのでしょうか。

を生む最たる原因は、生活習慣病からなると言われています。
の欧米化に伴う偏った食事や外食などや、運動不足が生活習慣病の原因です。
豊かな生活と豊富なの代償が、

は良く知られたところでありますが、沖縄県の昆布の消費量は国内一位です。
はモズクなどの褐藻類に含まれる成分ですから、普段のに昆布やを多く摂り入れている沖縄県の人々が、がんの発生が低いということも頷けます。 健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり7  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり9  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴