Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり7

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり7

フコイダンを摂取するためには、如何すればいいでしょうか。
大量のモズクを摂取することで、フコイダンが身体の健康に与える有効性の効果が上がるわけではありません。
モズクなどの褐藻類を分解するを持たない人の身体は、排泄物としてそのほとんどを体外に排出してしまうといわれています。
このの吸収面に着目して、褐藻類を主食とするサザエやあわびの持つを利用し、モズクを分解した低分子化と呼ばれる商品もあります。お年寄りや身体の弱った人でも摂取できるように、吸収面をよくした商品があります。

一方で、の成分にある複雑で非常に大きい分子のまま摂取することで、だけが持っている硫酸基という成分を壊したり、少なくしたりしないまま体内に取り入れることでがより効果的に体内で働き、数倍ほどもがん抑制効果が高くなるというマウスを用いた実証実験も発表されています。
 健康

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり7  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり8  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴