Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり7

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり7

フコイダンが細胞のアポトーシスを促し、自滅させる効果があることが知られるようになり、フコイダンのがん抑制効果が世界の注目を集めました。
細胞が本来持っている、古くなったり時期が来たら自滅するスイッチが働かなくなり、新陳代謝の機能を忘れ、増え続ける細胞こそががん細胞なのです。ですから、増え続けて転移することにより、身体を犯して行くわけです。実は、この「アポトーシス」を忘れたがん細胞を自滅に追い込む物質こそが「」だと言われています。

のがん細胞に対する攻撃は、アポトーシス誘導だけではないのです。
アポトーシスを誘導しても自滅しなかったがん細胞には、さらに内部に侵入し、細胞の核となる部分を破壊する毒素を出して消滅させる働きを持っています。 

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり6  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり7  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴