Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり5

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり5

フコイダンは水溶性の食物繊維で、昆布やワカメなどの茶褐色の褐藻類のヌルヌルした成分に含まれます。
ヌルヌルした成分は、引き潮の時のが海面から出て太陽に曝された場合に、乾燥から身を守ったり、潮の流れなどで傷ついた時になどのウィルスの浸入を防ぐなどのバリアの役目を担っています。

の抗がん作用に注目が集まったのは、1996年に開催された「第55回日本がん学会総会」におけるのがん抑制効果の発表からで、一躍注目を集め、マスメディアがこぞって取り上げたこともあいまって、今では88億円の市場に育っています。

しかし、近年の真摯な研究成果でも、の医学的なメカニズムは解明されていない部分が多く存在し、がん患者の大きな期待を背負って、更なる研究が進められています。が医療品として認められる日も遠くないといわれていますが、今の段階では機能性健康食品としての効果が認識されています。

臨床段階では、多くの試みがなされ、数多くのによる改善例が報告されています。
  

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり 4  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり6  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴