Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり 4

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり 4

フコイダンが代替医療として世界から注目を浴びています。

代替医療は各国で様々な取り組みが行われ、西洋医学以外の効果のある医療として認められはじめています。
北京大学医学部癌研究所では、気功や伝承医学による西洋医学のやり方とは違った代替医療のがん克服例が多く行われているそうです。
西洋医学と東洋医学の併用治療が、や伝統医学など臨床応用で結論を得ているといわれています。

免疫力を高めるために、フコイダンを中心とするや漢方のなどを採用し、病気の予防を心がけることが具体的な方法として言われています。
手術においては、術前と術後を通して免疫力を高める方法を併用することで、再発や転移を起こしやすいがんの疾患を、NK細胞の活性化を図り抑制する事を目的としています。

治療にフコイダンなどのを加えることで、今までの西洋医学だけの治療からは考えられないほどの効果を上げているといわれています。
 代替医療 

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり 3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり5  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴