Top >  フコイダンのがんへの効果 >  フコイダンとがん、免疫とのつながり 3

スポンサードリンク

フコイダンとがん、免疫とのつながり 3

フコイダンが、がん治療の代替医療として、認められるようになった背景を考えてみます。

近年、がんによる死亡者が増加するようになり、生活の変化などからがん患者の増加の一途はまだ続くと考えられています。
西洋医学におけるがんの治療は、手術による「切除」と、抗がん剤などによるがん細胞を「殺す」というのが主な治療方法になります。
このような治療は、がんの初期の症状には効果的な治療として成果が現れますが、進行したがんではほとんど完治が望めないばかりか、抗がん剤が正常な細胞までを破壊してしまうことで体力を失わせ、肉体の消耗を激しくさせて快癒への道を閉ざすことにもなりかねないリスクの高い危険もあるのです。

術後の日常生活や、身体の具合などでもクオリティーオブライフ(QOL)に関して大きな問題が残ってしまう部分があります。

がんなどの難治性疾患の治療では、アメリカでも代替医療を大きく取り上げ国家レベルで研究開発が行われているように、がんの・転移に関して、西洋医学以外のもっとよい方法や取り組みがないのか探られる時代となっています。
フコイダン

 <  前の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん、免疫とのつながり 4  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴